balienのブログ

キリスト教(神学)に関する雑感・情報などをメインにまとめていきたいと思います。

ヨハネの手紙第一 覚書き(10)1章8–10節

 ヨハネの手紙第一を学んでおりまして、私個人のノートをそのまんま公開しております。(↓前回)

balien.hatenablog.com

トピック

  • §1 キリストのメッセージの本質(続き)
    • 3.罪の性質の否認は偽りである(1:8–9)
      • 8節
      • 9節
    • 4.罪を犯したことがないという偽りの主張(1:10)
      • 10節
続きを読む

「聖書信仰」を考える(後編)

 本記事は、以下の「『聖書信仰』を考える(前編)」の続きとなっています。

balien.hatenablog.com

 「前編」では最近いのちのことば社から出版された『聖書信仰と諸問題』を取り上げました。この「後編」では、私自身が最近「聖書信仰」について考えた3つのことを書き並べておきたいと思います。その「考えたこと」とは、第一に「土台としての聖書論」、第二に「聖書論と理論体系に関する問題」、そして「『聖書信仰』をめぐる議論について」であります。
 先の記事に比べて内容が雑多になってしまい、また各項目についても大した結論が出せておりませんが、あくまで「雑感」ということでよろしくお願い致します。拙いながらも、読者の皆様が「聖書信仰」を考えていくきっかけ、問題提起としてお役に立てれば幸いです。

トピック

  • 3.「聖書信仰」に関する雑感(その1):土台としての聖書論
  • 4.「聖書信仰」に関する雑感(その2):聖書論と理論体系に関する問題
  • 5.「聖書信仰」に関する雑感(その3):「聖書信仰」をめぐる議論について
続きを読む

「聖書信仰」を考える(前編)

f:id:balien:20170102095945j:plain:w200

 あけましておめでとうございます。10月以来の投稿となってしまいました。ヨハネの手紙第一の釈義は着々と進めてますし、イスラエル論や携挙論なんかも少しずつ勉強を進めているのですが、何かとバタバタしておりまして、投稿できずにおりました。手軽なものも交えながら、なるべくコンスタントな投稿を心がけたいところではあるのですが……
 この久々の記事かつ新年の初投稿記事では、最近出版された聖書神学舎教師会編『聖書信仰と諸問題』(いのちのことば社、2017年)のレビューも含めて、「聖書信仰」について最近考えたことを分かち合わせていただきたいと思います。

トピック

  • 1.はじめに
    • 聖書信仰
    • 聖書の無謬性(infallibility)と無誤性(inerrancy)
    • 保守的聖書信仰
  • 2.『聖書信仰とその諸問題』についての簡易な書評
    • 赤坂泉「聖書信仰の諸問題」(13–44頁)
    • 津村俊夫「聖書信仰と批評学──『アダムの歴史性』」(81–113頁) 、児玉剛「聖書論と組織神学──ピーター・エンズのアダム論より」(114–57頁)
    • 三浦譲「新約聖書における旧約聖書引用の問題」(158–201頁)
    • 鞭木由行「キリストの権威と聖書信仰」(221–59頁)
    • 本書を読む上での留意点
続きを読む

ヨハネの手紙第一 覚書き(9)1章5–7節

 ヨハネの手紙第一を学んでおりまして、私個人のノートをそのまんま公開しております。前回までは1:1–4を取り上げた後、補足として1:1の「いのちのことば」について詳しく考えてみました。
 本論の直前部である1:1–2および3–4については↓

balien.hatenablog.com

balien.hatenablog.com

 このブログでは、1:1–4を手紙の「序論」、1:5–2:2を手紙本論の第一部として扱っています。今回は第一部「キリストのメッセージの本質」の冒頭部、1:5–7を取り上げます。

トピック

  • §1 キリストのメッセージの本質
    • 1.キリストのメッセージの要約(1:5)
      • 5節
    • 2.闇の中を歩みつつ神との交わりを保つことはできない(1:6–7)
      • 6節
      • 7節
続きを読む

ヨハネの手紙第一 覚書き(8)補足:「いのちのことば」の意味について(その3)

 ヨハネの手紙第一を学んでおりまして、私個人のノートをそのまんま公開しております。(↓前回)

balien.hatenablog.com

 前々回、前回から引き続き、「補足」として1:1の「いのちのことば」という表現の意味について取り上げています。前々回では「いのちのことば」=イエス・キリストご自身とする解釈を紹介しました。そこでは、第一ヨハネ1:1の「いのちのことば」は、ヨハネ1:1の「ことば」と同じ意味で捕らえられています。
 そこで、前回ではヨハネ1:1の「ことば ho logos」の意味を(旧約聖書旧約聖書外典、古代ユダヤ教文書などの情報もふまえて)考えていきました。要約は次の通りです。

  1. 「ことば」には神の発言と業が含まれている。
  2. 「ことば」は神の言葉であり、同時に人格的存在である。
  3. 「ことば」は神とは区別される存在であり、同時に神と同一視される存在である。

 今回は「いのちのことば」に関する解釈の第二の立場(いのちのことば=イエス・キリストの福音のメッセージと考える)を紹介した後、第一の立場と第二の立場の中間の立場を取り上げます。その後、「いのちのことば」の解釈について私自身の結論を述べています。

トピック

  • 補足 1:1「いのちのことば」の意味について(続き)
    • D.第二の立場:「いのちのことば」はイエス・キリストの福音のメッセージを指している
      • ストットの解釈
      • Barkerの解釈
    • E.第三の立場:中間的立場
      • Westcottの解釈
      • Vincentの解釈
      • スミスの解釈
    • F.結論
続きを読む